トップ / 観光に詳しくなるために

観光に詳しくなるために

観光に奥行きを与える

建造物

歴史が分かると観光が深まる

観光とは古代中国の書物「易経」にある「国の光を観る」に由来した言葉で、本来は「国の威光を観察する」と言う意味です。日本では大正時代、他の国の風物や風景、史跡などを見学して回る英語のtourismの訳語として使用されるようになりました。現在では自分の住んでいる土地から離れた地方や外国の風物や風景などを見学、鑑賞する事を意味しています。風景や風物には雄大な自然景観や美しい都市景観の他、史跡、伝統ある祭礼やイベントなど様々なものがあります。観光に奥行きを与えるのはその地方や国の歴史です。訪問地が持つ歴史を知るとその地の風物に対する理解がさらに深まります。

歴史を知ることは楽しいです

観光に行く目的は、個人でさまざまなものがあり楽しみかたも違います。その中でも歴史的な建造物を見に行くということが、世代を超えて人気です。昔には戻ることはできませんが、そこには変わることができない真実があります。今の現代人が、見てもすごい技術で作られたものは多く残っています。観光をすることで、その昔の人達の生き方を学ぶことができ、同時に感動ももらうことができます。何百年も、前に建造されたものを今時代を超えて現代でも見学ができるのはすごいことです。歴史あるものを見て、学び次世代に残すことが今の現代人の役割になります。

↑PAGE TOP

© Copyright 充実した観光地巡りには. All rights reserved.